本庄賃貸 県内金融経済概況:震災で下方修正 生産、需要落ち込む--日銀秋田支店

日本銀行秋田支店は15日、4月の県内金融経済概況を発表。「東日本大震災の影響で生産面、需要面ともに下押し圧力が強い状態」として、景気判断を4カ月ぶりに下方修正した。
 同支店によると、生産は震災前は増加基調に転じつつあったが、震災後に停電や部品入手が困難になった影響で電子部品などの生産が大幅に減少している。
 需要面では公共投資と住宅投資は持ち直しつつあったものの、震災後は資材の入手が困難となり工事に遅れが出ている。さらに住宅関連業者からは、今後の新規受注の落ち込みを懸念する声が出ているという。
 個人消費は宿泊施設の予約キャンセルが相次ぎ、旅行の需要が大幅に落ち込んだ。大型小売店でも衣料品などの売れ行きが鈍くなっている。
 設備投資は製造業で前年度比38・7%と幅広い業種で増加する計画となっているものの、部品などの調達難から投資の遅れが懸念されているという。【坂本太郎】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック